これからの季節、とくに大事になってくるのが水分補給。

のどが渇いたときに、お子さまでも簡単に飲める機能的な水筒だと便利ですよね!

そこで今回は、子ども用水筒を選ぶ時に押さえておきたいポイントと、おすすめ商品をご紹介します。

 

ドリンクボトル
 

#01 素材に注目

 子ども用水筒によく使用される素材が「ステンレス」と「プラスチック」。

それぞれの特徴を理解して、使用シーンにあったものを選びましょう。

‣ステンレス

ステンレス製のメリットは「丈夫」「保冷・保温効果が高い」ということ。
お子さまが落としたりぶつけたりしても、凹みにくく、長持ちしますよ。

‣プラスチック

プラスチック製は、小さなお子さまにうれしい軽さがメリット。

ただし保温・保冷効果はないので、中身の劣化などには注意が必要です。

#02 飲み口のタイプ

子ども用水筒の飲み口は、「ストロータイプ」「コップタイプ」「直飲みタイプ」の3種類があります。

形状によって扱いやすさにも違いがあるので、年齢や使用シーンなども考慮して選ぶと安心ですね。

‣ストロータイプ

倒しても中身がこぼれにくい、飲み口が「ストロー」になった水筒は、小さなお子さまでも扱いやすく水筒デビューにおすすめ!

飲みやすさ抜群で、ゴクゴク飲めちゃいます。

‣コップタイプ

ふたをコップ代わりにして、そこに飲み物を注ぐタイプです。

いちいちあけて、注いで…という手間がかかるので、素早い水分補給には不向きかもしれません。

でも、飲み口に直接口をつけないため、衛生的に使えます。

‣直飲みタイプ

いつでもどこでもすぐに飲めるのが、飲み口から直接飲むことができる直飲みタイプ。

手軽に水分補給できることや、たくさんの量をゴクゴク飲めるため、運動量が増える4~6歳頃の子どもにおすすめです。

自分で上手に飲める年齢のお子さまなら問題ありませんが、まだ小さなお子さまはこぼしてしまいやすいかもしれません。

ジュースのような、染みが付きやすい飲み物を入れるときは注意!

 #03 b.boxのドリンクボトルは機能的で飲みやすい!

b.boxステンレスボトル

 

b.boxのドリンクボトルは二重壁のステンレス製。

長時間の保冷、保温に対応しています。

またスタイリッシュなかっこよさと、ポップ感がミックスしたデザインも目を引きます。

食洗器洗いが可能なので、お手入れもカンタンです!

POINT1.長時間保冷、保温できる

長時間保冷、保温可能

冷たいものは最長8時間、温かいはものは最長6時間温度を保つことができます。

POINT2.プッシュボタン&飲み口がストロー

飲み口がストロー

蓋は子供でも開けやすいボタン式。

中の飲み口はストローなので飲みやすくなっています。

またストロー部分はシリコン製なので、強くかんでしまいがちなお子さまにも対応してます

POINT3.キャリーハンドル付きボトル

キャリーハンドル付き

握りやすいキャリーハンドル付きで、小さい手でも持ちやすいボトル設計。

おでかけにもおすすめ!

 

 

今回は子ども用水筒の選び方とおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

b.boxのドリンクボトルは、お子さまにもママにも優しい機能満載です!

ぜひこの夏の水分補給には、b.boxのドリンクボトルを選んでみては?

 

b.boxドリンクボトルページ