ビーボックスのストローマグ
シッピーカップの魅力

ビーボックスアイテム

ディズニーシリーズのコラボアイテムも登場し、ますます注目度アップのビーボックスのストローマグ、シッピーカップ。

選べる豊富なカラーリングと共にストローマグを選ぶ際のポイントの中でも大切な“漏れにくい”というポイント、そして赤ちゃんが握りやすい形、その両方を兼ね揃えたのがビーボックスのシッピーカップです。そして重りが付いているストローを搭載することでどんな角度でも飲める機能面がプラスされてます。

どうして漏れないの?
はじめてのマグだけどちゃんと使えるかな?

そんな疑問に客様のレビューを交えながらお答えしていきます!

 

POINT1
振っても“漏れない”ストローマグ

ポイント1

先ほども言ったように、ストローマグを選ぶ際に大切にしたいポイントの一つが「漏れない」ということです。

赤ちゃんは目にするもの手にするものに興味津々。マグを手にした途端、おもちゃと間違えてブンブン振り回して中身がこぼれてしまったという経験をされたことがある方も多いはず。

シッピーカップはそんな時でも大丈夫。お掃除の際にも見てもらえますが、蓋部分を外すと中にo-ringというゴムパッキンがあります。

パッキン
このゴムによってカップ部分と蓋部分がしっかり密閉することで漏れにくい設計になっています。

このゴム部分も取り外してお掃除していただけます。
※このゴムがお掃除中になくなってしまった!という声もいただいていますので紛失にはご注意くださいね。


お客様レビュー

<Sippy cup / Mickey>

レビュー
口コミ
初めてのストローにびっくりしてた。おもちゃと思ったのか、振り回してたけど全然こぼれなかった!これからいっぱい使いたいです。

 

<Sippy cup / Olaf>

レビュー02
口コミ
自分で持つと振り回すので、溢れたりしていたが、このマグは倒れても振ってもこぼれなくて最高でした。
他のマグは漏れやすかったりするが、このマグは今のところまったく漏れないので、これにして良かったです。
一緒に無くしたとき用のストロー とストロー を洗うブラシのセットを買いました。そのブラシが使いやすくて良かったです。

 

<Pick up>
クリーナーセット
【シッピーカッ専用クリーナーセット】
ストローの中は専用のクリーナーセットで簡単お掃除

詳しくはこちら

 

 

POINT2
“自分からゴクゴク”赤ちゃんが握りやすい

赤ちゃんのお食事タイムはなかなか目が離せないですよね。ちょっとでも赤ちゃんが自分から食べたり飲んだりしてくれるとママたちは助かります。

握りやすい

シッピーカップは赤ちゃんでも握りやすい形状の取手で赤ちゃんが自らしっかり握れるように工夫されています。

また、蓋が付いているのでカバンなどに入れて持ち運べるので、お出かけの際にも便利ですがもちろん普段のおうち時間のお食事タイムにもおすすめ。

oring
おうちでの朝昼晩のお食事タイム以外の、お風呂上りやお遊びの時などちょっとした合間の水分補給にもどうぞ。
赤ちゃんがゴロンとしてしまっても、ストローの先の重りがカップの中で液体と一緒に動くことで、中の水分を最後まで飲み切ることができます。


お客様レビュー

<Sippy cup / Winnie the Pooh>

レビュー
口コミ
こちらのストローマグを使用してから、楽しそうに思う存分振り回しても掃除する事なく、寝ながらでも飲めるのでお風呂上がりの服を着せる時に大活躍してます!!

 

レビュー
口コミ
他の方のインスタからb.boxのマグを知り使う様になりました。こちらのマグは中身が少なくなったら飲みにくいと言うことが無く、とっても飲ませやすい!いや、むしろ子供が自分で持ってしっかり飲んでくれて楽です☆
最強すぎて、2個目の購入です☆

 

<Sippy cup / blueberry>

レビュー04
口コミ
6ヶ月になりすぐに使ってみました。1日目はくわえるだけで飲めませんでしたが、2日目から上手に飲めることが出来て驚きました。
このシッピーカップはとても飲みやすく掴みやすいんだと思います。これから重宝しそうです。

 



赤ちゃんが嬉しい=ママも嬉しい

ビーボックスは2007年にオーストラリアで誕生したお食事アイテムブランドです。そのはじまりはママたちの「あったらいいな」の声でした。現役ママの意見を取り入れながら生まれたアイテムたちはシンプルなデザインの中に使いやすさのポイントが取り入れられています。

シッピーカップはビーボックスを代表するアイテムです。漏れない、握りやすい、どんな角度からも飲める、ストローマグを使う上で大切にしたいポイントを抑えたシッピーカップもまた、ママ達の声を聞きながら誕生しました。

その人気はオーストラリア、日本だけでなく今では世界45ヵ国以上のファミリーに愛され世界中でアワードを受賞しています。

世界中のママたちの赤ちゃんとのお食事時間がハッピーになるように、ビーボックスはこれからもお食事アイテムを通じて応援していきます。