赤ちゃんが哺乳瓶を拒否した時の原因と対策を説明している

いつも哺乳瓶でミルクを飲んでいたのに、突然嫌がって飲まなくなったと悩んでいませんか?ミルクを飲んでくれないと、赤ちゃんの体重の増え方や保育園に預ける時などを考えると心配になりますよね。


今回は、赤ちゃんが哺乳瓶拒否をする原因と、拒否した時の対処法についてご紹介します。

 


赤ちゃんが哺乳瓶を拒否する主な原因7つ

赤ちゃんが哺乳瓶を拒否する原因を説明している

01.ミルクより母乳の方が好き

赤ちゃんは、生後1〜3カ月頃から味の違いがわかるようになります。母乳の味と違う粉ミルクを嫌がって、哺乳瓶を拒否する可能性があるのです。

 

02.哺乳瓶の乳首が合っていない

赤ちゃんの吸う力に、哺乳瓶の乳首が合っていないのも原因です。月齢が上がるにつれ、赤ちゃんの吸う力は強くなります。新生児の時から使っている乳首のままでは、ミルクの出る量が少なく飲みにくいのです。

 

03.ミルクの温度が熱い・冷たい

ミルクの温度が適温でないのも哺乳瓶を拒否する原因の1つです。ミルクの温度が熱すぎたり冷たすぎたりすると、赤ちゃんが飲むのを嫌がる場合があります。

 

04.ミルクの味が好みではない

粉ミルクはメーカーによって味や濃さが異なります。粉ミルクの味が赤ちゃんの好みと合わないのが原因で、哺乳瓶を拒否する可能性もあるのです。

 

05.ミルクを飲む体勢が悪い

授乳する時の体勢が悪いと、赤ちゃんが哺乳瓶を拒否する可能性があります。赤ちゃんを正しく抱っこできていないと、気管にミルクが入りむせてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

06.お腹がすいていない

お腹がいっぱいで哺乳瓶を拒否するケースもあります。特に母乳とミルクの混合育児だと、ママが思っているよりも母乳をたくさん飲んでいて、ミルクを飲まない場合もあるのです。

 

07.ミルクアレルギーの可能性

赤ちゃんがミルクを飲んでも吐き出す時は、ミルクアレルギーかもしれません。ミルクアレルギーは、嘔吐だけではなく下痢や蕁麻疹などの症状が現れることがあります。赤ちゃんの様子に異変が見られたら、自己判断はせずかかりつけの小児科を受診しましょう。

 

哺乳瓶を拒否した時の主な対処法7つ

赤ちゃんが哺乳瓶を拒否したときの対処法

赤ちゃんがミルクを飲んでくれなくて空腹なのではないかと心配でも、無理やり飲ませてはいけません。赤ちゃんの様子をしっかり見ながら、最適な対処法を探しましょう。
ここでは、赤ちゃんが哺乳瓶を拒否した時の主な対処法について解説します。

 

01.おっぱいを飲ませながら哺乳瓶にすり替える

最初はおっぱいで授乳します。赤ちゃんがウトウトと眠そうにしてきたら、哺乳瓶にそっとすり替えてみましょう。眠たくなっているので、哺乳瓶に気が付かずに飲んでくれることがあります。
繰り返し行うと、赤ちゃんが哺乳瓶を拒否しなくなる可能性がありますよ。

 

02.哺乳瓶の先に母乳を付ける

哺乳瓶の乳首の先に、母乳を付けるのも対処法の1つです。赤ちゃんが哺乳瓶の乳首をくわえた時にママの母乳の味がすると、安心してそのまま飲み続けてくれるケースがあるのです。

 

03.哺乳瓶の乳首を変える

哺乳瓶の乳首を変えると、哺乳瓶拒否をしなくなる場合があります。哺乳瓶の乳首のサイズが赤ちゃんに合っていなかったり、くわえた時の触感が好みではなかったりする時に有効的です。

 

04.哺乳瓶の乳首を少し温める

哺乳瓶の乳首を温めてあげるのも1つの方法です。ミルクの温度を適温に調整していても、哺乳瓶の乳首が冷たいと拒否される場合があります。特に、寒い時期は哺乳瓶の乳首が冷たくなるので、ママの乳首と同じくらいの温度にしてあげるとよいでしょう。

 

05.スパウトマグなど乳首以外を使う

どうしても哺乳瓶の乳首を嫌がる場合は、無理をせず他のアイテムを使うのがおすすめです。月齢が低い生後2か月、3カ月のうちはスポイトやスプーンなどで与えます。生後4ヶ月、5ヶ月あたりの月齢に上がるにつれスパウトやストローを試してみると、ミルクを飲んでくれる場合がありますよ。

 

06.ミルクを変える

粉ミルクの種類を変えると、赤ちゃんがミルクを飲んでくれるケースもあります。上記でもお伝えしましたが、粉ミルクはメーカーによって味が異なります。試供品や小さいサイズの粉ミルクを手に入れて、いろいろな種類を試してみるのもよいでしょう。

 

07.ママ以外の人に頼む

ママ以外の人に頼んでみると治ったという方もいるようです。完母の場合など、ママが抱っこをするとおっぱいが欲しくなり、哺乳瓶拒否をしている可能性もあります。パパやおばあちゃんなどが抱っこをすると、諦めて哺乳瓶からミルクを飲んでくれることもありますよ。

 

 

b.boxがおすすめする赤ちゃんが飲みやすい哺乳瓶!

b.boxがおすすめする赤ちゃんが飲みやすい哺乳瓶を紹介している

授乳をスムーズにするために、赤ちゃんが飲みやすくて気に入る哺乳瓶を選んであげたいですよね。しかし、哺乳瓶の種類が豊富なので「どれを選べばよいかわからない……」と悩む方も多いはずです。

そこで、b.boxの機能性と安全性を兼ねそろえた、おしゃれなカラーの哺乳瓶をご紹介します。

 

01.軽量で割れにくい安全な素材

軽量で割れにくい安全な素材であることを説明している

 

プラスチックのように軽く、ガラスに近い耐熱性のあるppsu(ポリフェニルサルホン)を本体部分に採用しています。割れにくく有害物質を含まないので、安心して使用できますよ。

 

02.握りやすく転がりにくい楕円形のボトル

握りやすく転がりにくい楕円形のボトルを紹介している

 

楕円形にデザインされたボトルは赤ちゃんの小さな手でも握りやすく、床に落としたり倒したりしても転がりにくい形状になっています。

 

03.装着が簡単で飲みやすい乳首

装着が簡単で飲みやすい乳首であることを説明している

 

b.boxのアンチコリック・シリコン・ティート(乳首)は、空気が入りにくいのでミルクが飲みやすくなっています。素材がソフトなシリコンなので装着が簡単です。赤ちゃんの成長に合わせて、3つのサイズから選べますよ。

 

04.取り外し可能なハンドル

取り外し可能なハンドルであることを説明している

 

ハンドルは滑り止め加工されているので握りやすく、赤ちゃんが自分で哺乳瓶を持つのをサポートします。状況に応じて取り外しできるので便利です。外出時や家事で忙しい時などの強い味方になること間違いなしです!

 

05.優しいジェラートカラー

優しい色合いのジェラートカラーを紹介している

 

哺乳瓶はジェラートカラーでおしゃれな「パープル・ブルー・グリーン」の3色展開。優しい色合いなので、男女問わず選びやすくなっています。

 

 

赤ちゃんに合った哺乳瓶拒否の治し方を見つけよう!

赤ちゃんに合った対処法を見つけることを提案している

今回は、赤ちゃんが哺乳瓶を拒否する原因と対処法についてご紹介しました。赤ちゃんの哺乳瓶拒否には、さまざまな原因がありましたね。

哺乳瓶拒否をしてミルクを飲まなくなったら不安になったり焦ったりすると思います。しかし、まずは落ち着いて何が原因なのかを突き止めることが大切です。

いろいろな対処法を試して、赤ちゃんに合った最適な方法を見つけてあげましょう!赤ちゃんの成長に合わせて、アイテムを変えていくのもおすすめですよ。



哺乳瓶やドリンクアイテム選びで迷った時は、簡単な質問に回答して最適なアイテムが見つかる「アイテム診断」を試してみてはいかがでしょうか?

また、アイテム診断の中で登録できるメルマガ登録で、最新情報やお得情報を配信しているので気になる方は、ぜひ登録してみてくださいね。

 

アイテム診断はこちら♪