この投稿をInstagramで見る

インカミールで簡単離乳食! eat&liveは、赤ちゃんのお食事アイテムb.boxがお届けする食育コンテンツ。 いつも通りにはいかなかった夏休みをどのように過ごしたかなど、楽しくトークしました♪ また、簡単にできる、ナッツとドライフルーツを使ったスイーツバーの作り方をNAYU.さん(@nayu.food )にレクチャーしていただきます😊 フォロー&感想をこの投稿にコメントしてくださった方から抽選で、NAYU.さんのおすすめインカオイルとビーボックスの非売品限定カラーのカトラリーセットを5名様にプレゼント🎁 〈応募締切:2020.9.22(火)23:59〉 ライブ冒頭には、カトラリーセットとディズニービブの商品紹介もあります♪ 今後どんな内容のライブを観てみたいかなどのコメントも嬉しいです😊 たくさんのご応募お待ちしてます☆

b.box for kids JAPAN(@bboxforkidsjapan)がシェアした投稿 -

 

b.box インスタライブ vol.06

2020.09.15 thu

トーク:ナッツとドライフルーツを使ったスイーツバー/インカミールで簡単離乳食!

ゲスト:NAYU.さん(ナチュラルフーディスト/キッチンヒーラー/ロースイーツクリエイター)

 ーーーーーーー

ただ今、動画を見てコメントをいただいた方の中から抽選で
「インカオイルとビーボックスの非売品限定カラーのカトラリーセット」
を5名様にプレゼント!
〈応募締切:2020.9.22(日)23:59〉
ーーーーーーー
※応募はインスタグラムからになります。
皆様からのコメントお待ちしています!

 

・・・・・アーカイブ・・・・・ 

TOPIC

◆夏休みどんな夏休みでしたか?

グローバ10DAYS紹介の紹介

◆離乳食にも使える!インカミールって??

お湯を、加えるだけで、栄養がしっかり摂れる離乳食が、登場。便利なインカミールとは?

◆栄養満点!ドライフルーツを使ったスイーツバー

好きなドライフルーツを使って簡単に作れるロースイーツをご紹介!!

フルーツバー

材料

  • お好きなドライフルーツ  140g(今回は、いちじく70g、デーツ40グラム、アプリコット30gの3種類)
  • 生カシューナッツ     30g
  • インカミール(赤キヌア) 大さじ2
  • シナモン         少々

作り方

  1. お好みのドライフルーツ全てフードプロセッサー(ミルなど)に入れ、なめらなるまで混ぜる。
  2. 「1」のフードプロセッサーに生カシューナッツとインカミールを加え、さらになめらかになるまで、混ぜる。
  3. 全てをラップなどの上に取り出し、丸や四角など好きな成形し、冷蔵庫で1時間以上冷やしかためる。
  4. お好きな厚さに切り分けて出来上がり。

★保存袋などに入れ、冷凍保存が出来ます。

ポイント

・ドライフルーツは、2種類以上をミックスした方がより美味しい味わいをお楽しみ頂けます。

・通常ローフードでは、浸水させて生カシューナッツ使用しますが、今回は量が少ない為そのまま使用しています。

・インカミールは全部で3種類。それぞれ味が違い、今回使用した『赤キヌア』はそのまま食べるとすこし酸味がありますが、スイーツバーにすると美味しく仕上がります!インカミールの代用品として、きな粉やローカカオパウダーでもOK。

・シナモンが苦手な方は、入れなくても大丈夫です。

 

<ゲスト>

nayu

ナチュラルフーディスト/キッチンヒーラー/ロースイーツクリエイター
NAYU.

【経歴】
栄養士の資格取得後、料理人の道へ。
スクールに通いマクロビやスパイスの事を学ぶ。

また、ローフードに出会い、ずっと悩んでいた冷え性を体質を変えることにより改善。ローフードの美味しさにも魅了され、より知識を増やすべく只今猛勉強中。

キッチンから人々の健康をサポートするという考え方を持つキッチンヒーラーの資格取得。この考え方を多くの方に知っていただきたいと活動開始。

今までに数々のお店の立ち上げに携わりメニュー考案した経験をもとに、この夏よりケータリング事業を開始する。

〜NAYU.さんよりコメント〜

ナチュラルフーディストのNAYU.です。
心身によいものを食べよう!
自然と共に暮らそう!
ゆるやかに、ていねいに生きよう!
お料理は、技術よりアイ!

よろしくお願いします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<スピーカー>

b.boxの日本総代理店 weskiii Inc.
クリエイティブディレクター
住田由香 

20ヵ国以上を渡り歩いた経験を持ち、現在は5つのブランドをディレクションする。食べ盛りの3児の母でもあり、「食育」の大切さを実感。

「もっと知識を深めたい、広めたい」と食育のコンテンツeat&liveを2020年6月より開始。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

eat&liveとは
説明