みんなで「食育」について楽しく考えていくb.boxのコンテンツ『eat&live』。

インスタグラムで人気のママにベビーのお食事のあれこれを聞いてみました!

メソッドタイトル

今回のママ

mariさん

method2

インスタアカウント
nnmm.mog

自己紹介:現在、5歳の息子と1歳の娘の育児真っ只中です。 Instagramでは、娘の日々の離乳食や便利な調理グッズ等を中心に、子育てに関する投稿をしています。


⚠︎お母さん目線でお話しいただいた内容です。栄養士や離乳食アドバイザーなどの意見ではありませんが、皆さんの参考になればと思い、お伝えしております。

 

<皆さんからの質問にmariさんが答えます>

質問01
答え

食事の時はテレビを消して、机のまわりにおもちゃなどの気になるものは置かないようにしています。
小さい頃は、とにかくフルーツが好きだったので(今も好きですが)、飽きてきたかなぁという頃にフルーツを1つあげる、を繰り返していました笑 食事を終える時間は決めていませんが、食べない日はダラダラあげていてもお互いストレスなので、サクッとやめて、次の食事やおやつを早めたりします。

method2
答え
私も彩りは大切にしたいなといつも意識しています。炭水化物・野菜・たんぱく質を一食にバランスよくいれたいと思っているのですが、「何が○g!」と意識しすぎるのは私には向いておらず…(もちろん毎食計っている方はすごいなぁと思います…!)
全体の色味を見て、「もう少し野菜足そうかな?」「緑すぎるから赤を入れたいな」などと考えることが多いです。
ちょこっと足せる野菜のブロッコリーやミニトマトは彩りもよくて栄養もとれますし、調理しなくてもパッと出せるので、家に常備しています。
method2
答え

月齢にもよりますが、お野菜MIXを作っておくのがおすすめです。
お好きなお野菜(人参、玉ねぎ、ブロッコリーあたりがおすすめ)を水もしくは出汁で煮て、初期ならブレンダー、中期以降は食べられる大きさにしたものをスープ含めて冷凍しておくと、アレンジ自在です。
そのままで【野菜スープ】(コンソメ足してもOK)、トマトペーストとコンソメ、お好きなお肉(鶏ささみや挽き肉)足して【ミートソース】、豆乳や牛乳とコンソメで【シチュー】など、色々作れますし、たくさん栄養とれます!

 

<お子さんと食についての想い>

method2

なぁちゃん(2019/10生まれ)

こどもの離乳食は、本当に日々試行錯誤の連続だと思います。お子さんの個性にもよりますし、昨日は食べたのに今日はなんで食べないの?なんてこともしばしば…。そんな中で私が心がけているのは、「自分が楽しく向き合うこと」「娘に食の楽しさを知ってもらうこと」です。自分が嫌になってしまったら離乳食作りも続かないので、手抜きするところは手抜きをして、自分自身も笑顔でいることで、娘に「食べるって楽しいんだ」と感じてもらえるように、日々努めています。

 

大人ごはん取り分けレシピ