暑い夏にはキーンと冷えた飲み物、寒い日にはホットドリンクを。

お家以外で飲み物を楽しみたいときの必需品といえば「ステンレスボトル」。

お子さま向けの可愛らしいデザインの物も多くありますが、使える期間が限られてしまいがち...

折角なら大きくなってからも使える、お洒落なデザインのものが嬉しいですよね♪

そこで今回は、ステンレスボトル選びのポイントと、お子さまから大人まで使えるお洒落なステンレスボトルをご紹介します!

 

ステンレスボトル選びのポイント

 

1.飲み口の種類をチェック

ボトル画像

・ストロータイプ

飲みやすいストロータイプは、倒してもこぼれにくいのでお子さまの水筒デビューにぴったり!

ワンタッチでストローが出てくるタイプがほとんどなので、簡単に飲めます。

また女性の方は、リップや口紅が落ちにくいためプライベートはもちろん、オフィスで使うマイボトルとしても活用できます。

 

・コップ付きタイプ

蓋がコップになるタイプは、唾液が水筒に入らないので一番衛生的です。

しかし最近ではややマイナー傾向。

片手でコップ、片手で水筒本体を扱わないといけないので、低年齢のお子さまには不向きかもしれません。

 

・直飲みタイプ

飲み口に直接口を付けて飲むタイプで、大人の水筒デザイン(マイボトル)にも多い形ですね。

フタを開けてすぐに飲めるので便利。

しかしまだ低年齢のうちは、うまく傾けられずにこぼしてしまうことも。

 

2.保温・保冷両用か保冷専用か

 保冷、保温画像

テンレスボトルには、「保温・保冷両用」のものと「保冷専用」のものがあります。

温かい飲み物も入れたいときは、「保温・保冷両用」のものを選ぶようにしましょう。

 

3.お手入れのしやすさ

お手入れ画像

衛生的に長く使うには、洗いやすいかどうかも水筒選びの重要なポイント!

パーツが分解しやすいものなら洗いやすくて便利です。

また食洗機対応OKなものは、お手入れがより簡単に済みますよ。

清潔さを保つことはお子さまの健康にも役立てます。

 

お洒落なデザイン!b.boxのステンレスボトル

 b.boxステンレスボトル画像

 

スタイリッシュなデザインがとってもお洒落な「b.boxのステンレスボトル」。

シンプルなデザインにポップな配色が目を引きます♪

近所のお散歩やちょっとしたお出かけの際にちょうど良い350mlの容量は、軽量で持ち運びしやすいうえ、コンパクトなので小さめなバッグにも収まるサイズ感でとっても便利です!

 

見た目だけじゃない。機能性も抜群!

 

長時間保冷、保温できる

 長時間保冷、保温できる画像

 

冷たいものは最長8時間、温かいはものは最長6時間温度を保つことができます。

いつでも美味しくドリンクを楽しめますね!

 

キャリーハンドル付きボトル

 キャリーハンドル付きボトル

 

握りやすいキャリーハンドル付きで、小さい手でも持ちやすいボトル設計。

おでかけにもおすすめです♪

 

③プッシュボタン&飲み口がストロー

 

この投稿をInstagramで見る

発熱時の救世主𓂃⚮̈  @bboxforkidsjapan の保温保冷効果のあるステンレスストローマグ♡  自分でボタンをプッシュして開けて飲んでまた自分で閉めれるよ⠉̮⃝  ボタンを見れば押したくなるお年頃♪  朝これに入れて置いておけば、1人で勝手に飲んでくれるから安心♡  基本はコップ飲みだけど、なかなか1回量たくさん飲めないのにこまめにあげるの忘れちゃって💦  水筒だと自分で開けて注ぐ時に豪快にこぼすから置いとけないけど、これなら安心♥  そしてめちゃくちゃありがたかったのが、発熱時!  先週末高熱で大変だったんだけど、夜も起きる度にこまめに冷たいお茶飲ませてあげられて本当に助かった~( ; ᯅ ; `)  最終的にはストンレスボトルが気持ちよかったみたいでら抱きしめて寝てたよ⠉̮⃝  気になる方はcheckしてみてね(✿´꒳`)ノ°+.*    ✄・・・tags・・・・✄ #ビーボックス #lovemybbox #ビーボックスのステンレスボトル #ステンレスストローマグ #ストローマグ #熱中症対策

Mi♡(@coco_osanpo)がシェアした投稿 -

 

蓋は子供でも開けやすいボタン式。

中の飲み口はストローなので飲みやすさも抜群!

またストロー部分はシリコン製なので、強くかんでしまいがちなお子さまにも対応してます。

 

④食洗器OK!

 食洗器OK画像

 

食洗器に対応しているのでお手入れがとっても簡単!

毎日のことなので、ママの負担は出来るだけ軽い方が嬉しいですね。

 

 

デザイン性も機能性も兼ね備えたb.boxの「ステンレスボトル」。

エコに繋がるアイテムだからこそ、長く大事に使えるものをチョイスしてみませんか?

 

ステンレスボトル商品ページ