コンテンツへスキップ

記事: 哺乳瓶はプラスチック?ガラス?違いやどちらがいいのか、おすすめ商品まとめ

哺乳瓶はプラスチック?ガラス?違いやどちらがいいのか、おすすめ商品まとめ

哺乳瓶はプラスチック?ガラス?違いやどちらがいいのか、おすすめ商品まとめ

哺乳瓶はプラスチックとガラスのどちらにすればいいのか迷っているパパママもいるでしょう。煮沸消毒がOKか、電子レンジ対応かなど気になるポイントは多いかもしれません。結論、それぞれ長所と短所があるので、プラスチック哺乳瓶とガラス哺乳瓶の特徴を比較して目的にあわせて選びましょう。今回は、プラスチックとガラスの哺乳瓶の特徴と違いや、b.boxのおすすめベビーボトルをまとめました。



おしゃれでかわいい♪
b.boxのプラスチック哺乳瓶を見てみる ▶


post by

b.box編集部

記事一覧を見る

”漏れにくいシッピーカップ”をはじめとした、赤ちゃんや子ども向けのお食事アイテムを取り扱うブランドです。シンプルなデザインとママの声から生まれた実用性・安全性を兼ね備えたアイテム、お食事に関するお役立ち情報を発信しています。

【比較】プラスチックとガラスの哺乳瓶の長所・短所

プラスチック哺乳瓶とガラス哺乳瓶の長所・短所を比較してみましょう。


プラスチック哺乳瓶の長所・短所

長所

プラスチック哺乳瓶の長所やメリットは以下です。



  • ガラスより軽い
  • 持ち運びにも便利
  • 落としても割れにくく耐久性がある


プラスチックの哺乳瓶のよい点は、なんといっても軽さ

ミルクをあげるのに時間がかかるときでも、哺乳瓶が軽ければパパママの腕が疲れにくくなります。


また、「哺乳瓶が軽いためミルクを片手であげられて楽」といったパパママの声も。


哺乳瓶が軽いと赤ちゃんが自分で持つこともできるので、赤ちゃんが成長して自分で持ちたがったときにセルフミルクが進みやすいでしょう。


さらにプラスチックは落としても割れにくいので、外出時や保育園で必要な場合にもおすすめです。


短所

反対に、プラスチック哺乳瓶を使ったときのマイナスポイントとして以下が挙げられます。



  • 傷や汚れがつきやすい
  • ニオイや色が吸着しやすい


ガラスと比べるとボトル表面が傷つきやすいのがプラスチック哺乳瓶の特徴。


また中に入れた飲み物の色が残りやすく、ものによっては使っていくうちにボトルが濁ってしまうものもあるようです。


ガラス哺乳瓶の長所・短所

【比較】プラスチックとガラスの哺乳瓶の長所・短所の画像

長所

ガラス哺乳瓶の長所を以下にまとめました。



  • 洗っても傷つきにくい
  • 温度調節しやすい
  • 煮沸や電子レンジ消毒に対応しているものが多い


プラスチックよりも耐久性が高いガラスは、汚れや傷がつきにくいのがメリットの一つ。


新生児期は授乳の回数が多く消毒や煮沸など何度もお手入れが必要になるため、丈夫な素材で電子レンジに対応していることは大切ですよね。


ニオイや色も吸収しにくいので、衛生的に使うことができるのもうれしい特徴。


また、熱伝導しやすいのでミルクを温めたり冷ましたり温度調節しやすいのもガラス哺乳瓶の長所です。


短所

一方、ガラス哺乳瓶には以下のような短所もあります。



  • プラスチックより重い
  • 落とすと割れてしまう


ガラス哺乳瓶はプラスチックより重いので、ミルクをあげるときに腕が疲れやすいかもしれません。プラスチックと比べて外出時の持ち運びには向かないのは短所の一つです。


また落とすと割れてしまうので、授乳やお手入れの際に慎重に扱う必要があります。赤ちゃんが自分で持つのには向いていないといえますね。


哺乳瓶からストロー飲み、コップ飲みの練習までスムーズに進めたい方は、こちらの記事もあわせてチェックしてみてくださいね♪



関連記事:「哺乳瓶はいつまで?卒業後のストロー・コップ練習は「ステップアップマグパック」がおすすめ!」



どっち派?「プラスチック哺乳瓶」が向いているパパママ

どっち派?「プラスチック哺乳瓶」が向いているパパママの画像

ここまでプラスチック哺乳瓶とガラス哺乳瓶の特徴を比べてきました。しかし、どっちがいいのかまだ迷っているパパママも多いでしょう。


そこで、プラスチック哺乳瓶を使うのに向いているパパママの特徴をまとめました。

以下に当てはまる方は、プラスチックの哺乳瓶を買うのがおすすめです♪



☑哺乳瓶を買い替えずに長く使いたい
☑軽さ重視
☑お出かけにも持っていきたい
☑赤ちゃんにセルフミルクさせたい



ハンドルをつければ赤ちゃんが持つことも♪
b.boxのプラスチック哺乳瓶を見てみる ▶


どっち派?「ガラス哺乳瓶」が向いているパパママ

どっち派?「ガラス哺乳瓶」が向いているパパママの画像

続いて、ガラス哺乳瓶が向いているパパママの特徴をまとめました。

以下に当てはまる方は、ガラスの哺乳瓶を買うのがおすすめです♪



☑電子レンジや煮沸などいくつかの方法で消毒したい
☑手早くミルクの温度調節をしたい
☑色・ニオイ残りが気になる



電子レンジ・煮沸消毒に対応!
b.boxのプラスチック哺乳瓶を見てみる ▶


b.boxのプラスチック哺乳瓶「ベビーボトル」のおすすめポイント8つ

b.boxのプラスチック哺乳瓶「ベビーボトル」のおすすめポイント8つの画像

①医療用グレードのPPSUを使用

b.boxの哺乳瓶はPPSU(ポリフェニルサルホン)を使用しています。哺乳瓶の素材としてPPSUがよい理由は3つあります。


b.boxのプラスチック哺乳瓶「ベビーボトル」のおすすめポイント8つの画像

さらに、色やニオイを吸収しにくいのもPPSUの特徴です。


②サイズは2種類

b.boxのプラスチック哺乳瓶「ベビーボトル」のおすすめポイント8つの画像

b.boxの哺乳瓶は180mlと240mlの2種類あるので、赤ちゃんの月齢や飲む量にあわせて選ぶことができます。


出産準備で購入する場合は、まず180mlを用意しておいて飲む量が増えてきたら240mlにサイズアップするとよいかもしれませんね。



たくさん飲むようになったらサイズアップ♪♪
240mlの哺乳瓶はこちら ▶


③電子レンジ・煮沸消毒に対応

b.boxの哺乳瓶は電子レンジや煮沸での消毒に対応しています。


電子レンジや煮沸で消毒できるので、哺乳瓶を衛生的に保つことができますよ。


プラスチックの哺乳瓶のなかには電子レンジ・煮沸不可のものもあるようなので、「軽くて丈夫、かつ消毒もしっかりしたい」という方にはb.boxがおすすめです。


④食洗機対応でお手入れが楽

食洗機に対応しているのもおすすめポイントの一つ。


授乳するたびに手洗いするのは手間も時間もかかりますよね。特に授乳回数が多い新生児期には負担が大きいかもしれません。


b.boxの哺乳瓶はボトルも乳首も食洗機で洗うことができるので、本来お手入れするはずの時間を他の家事や育児に使うことができて効率的ですよ。


食洗機で洗うだけでは物足りない、しっかりとお掃除したいというパパママは、専用クリーナーもあわせて準備するのがおすすめ♪


手が届きにくい哺乳瓶の底と乳首の両方を洗える便利なアイテムです。



哺乳瓶の専用クリーナーはこちら ▶


⑤専用ハンドルでセルフミルクにも対応

b.boxのプラスチック哺乳瓶「ベビーボトル」のおすすめポイント8つの画像

b.boxの哺乳瓶は、自分で持って飲むようになってきた赤ちゃんにぴったりな専用ハンドルがあります。


両手でしっかり持てて赤ちゃんのセルフミルクをサポート。ボトル本体に取り付けるだけで簡単に使えます。


赤ちゃんが哺乳瓶を自分で持つ姿はかわいいもの。セルフミルクができるようになれば、パパママの負担も楽になるのであわせて用意しておきたいアイテムです。



自分で持つをサポート♪
哺乳瓶の専用ハンドルはこちら ▶


⑥「アンチコリック・シリコン・ティート」の飲み口を採用

b.boxの哺乳瓶は、自然に授乳しやすい「アンチコリック・シリコン・ティート」を使っています。


アンチコリック・シリコン・ティートとは、赤ちゃんがミルクを飲むときに同時に空気を吸い込んで、お腹にガスが溜まり腹痛を訴えて泣く現象を起きにくくする構造の乳首のこと。


授乳の際に赤ちゃんがミルクといっしょに空気も飲み込まないよう、そして不快感を覚えにくくなるよう作られた赤ちゃんにやさしい乳首です。


別売りの乳首を付け替えれば月齢に合わせて飲み口の大きさを変えていくことができ、成長しても哺乳瓶を長く使うことができます。



飲む量が増えたら乳首もステップアップ♪
専用ティートはこちら ▶


⑦握りやすく転がりにくい楕円形のボトル

b.boxの哺乳瓶のボトルは、人間工学に基づいて楕円形になっているのが特徴です。


楕円形になっていることでパパママが授乳の際に握りやすく負担をかけません。


また、テーブルなどに置いたときに転がりにくいのもメリットです。


⑧パパママも気分が上がるおしゃれなデザイン

b.boxのプラスチック哺乳瓶「ベビーボトル」のおすすめポイント8つの画像

b.boxの哺乳瓶は、PeonyLullaby BlueSageの3色展開です。


男の子も女の子も使えるやわらかいニュアンスカラーがパパママに好評。赤ちゃんがおしゃれな哺乳瓶を持ってセルフミルクしている姿はとってもかわいいですよ。


専用ハンドルも哺乳瓶と同じ3色展開なので、セットで出産祝いにプレゼントするのもおすすめです。



淡いカラーが大人気♪
哺乳瓶のカラーバリエーションを見てみる ▶


b.boxの哺乳瓶を使っている先輩パパママのリアルレビュー

実際にb.boxの哺乳瓶を使って子育てしているパパママのリアルな口コミをまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね♪


レビュー①

kazuna♡元保育士 1歳児女の子ママ✨(@kazu.15kk)がシェアした投稿

@kazu.15kk



寝る前のミルクTime🍼♡


特に1日ワンオペだと1人で飲んでくれるので

このハンドル付きがとても助かる😝✨


最近はゆっくりミルクを飲んで

少し遊んだり、絵本を読んだりして

のんびりしてから寝ます😪💤❤️



同じ商品はこちら ▶


レビュー②

🐣とわまるの日常🐣(@towa_life)がシェアした投稿

@towa_life



選んだカラーはブルーとグリーンでどっちもくすみカラー!どこで使ってても褒められる✊


ppsu素材最高!プラスチックに近いのかな?と勝手に温度調節のしにくさを心配してたけど全然問題なしでした😌


哺乳瓶の洗いにくさもないし

ハンドルはもちろん取り外し◎

もし哺乳瓶で迷われてる方がいたらこちらオススメします👩🏻‍🍼



同じ商品はこちら ▶


※一部抜粋



哺乳瓶はプラスチックとガラスの特徴を比べて選ぼう

今回は、哺乳瓶はプラスチックとガラスのどちらがよいのか迷っている方に向けて、それぞれの特徴を比べながら紹介しました。


プラスチックの哺乳瓶とガラスの哺乳瓶にはそれぞれよさがあるので、自分が重視したいポイントを決めて選ぶのがおすすめです。


ガラスとプラスチックの長所をいいとこ取りしたのがb.boxのベビーボトル!


「軽さが大事だけど傷や汚れにも丈夫なものがいい」「煮沸や電子レンジ消毒ができるプラスチック哺乳瓶があればなあ」などと考えている方は、一度b.boxの哺乳瓶をチェックしてみてくださいね♪



使いやすくてかわいいと大人気♪
b.boxの哺乳瓶を見てみる ▶


アイテム選びで迷った時は、簡単な質問に回答して最適なアイテムが見つかる「アイテム診断」がおすすめです!


また、アイテム診断の中で登録できるメルマガで最新情報やお得情報を配信しているので、気になる方はぜひ登録してみてくださいね。